2007年 05月 27日
手塚マジック
週末。それは25時間周期という人間の体内時計を休息により修正する時間のこと。

俺は金曜の深夜から朝4時にかけてシャンパンを1本半空け(1 人でじゃないけどね)、ほろ酔いで気持ちよく眠った後の土曜・日曜はひたすら仕事。まぁ職場に行かないから体は休息できるが、心は25時間周期のままだね。ふん。

この週末もだいぶ天気が良く、家で仕事してると哀しい気持ちになってくるので、本日はドライブがてら外で仕事をすることにした。ドライブといってもポルシェでもフェラーリでもカローラでもなく、ヤマハのチャリなんだけどな!チャリ最高だぜ。

颯爽とチャリにまたがり、プラチナ通りを鬼の形相で爆走していると、花嫁と花婿が親戚や友人の祝福の中アーフェリークのチャペル(?)の階段を上って行くところに出くわした。俺様が仕事に追われて「全然遊べなくても日の光を浴びるだけでも幸せ」とか自分を無理矢理納得させようと思っている時にその幸せの絶頂っぷりは何だこのやろう!と思わずヤマハのチャリ(電動)でチャペルの階段に乱入してやろうかと思ったが、それは中長期的な視点では誰も利益を得ることのない破滅的な戦略なのでとりあえずやめておいた。

そんなわけで、本日はひたすらカフェでカタカタとPCをいじくる。今日の仕事のお供はベートーヴェンの交響曲。一番から九番まで通して聴いてしまった。ところどころでウットリしすぎてエア指揮者となっていたことは秘密だ。

帰り道、目黒の有隣堂に寄る。あまりにも報われない仕事漬けの週末なので、こうなりゃリア・ディゾンの写真集でも買ってやるか!リアたん!とか思って勇ましく有隣堂に乗り込んだが、結局購入したのは「ペンギンハッピー」というペンギンの写真集と「火の鳥」なのであった。

そして家に帰って「火の鳥」を開くと、それは先週購入した巻なのであった。

おそるべし神のいたずら。
[PR]

by chinstrappenguin | 2007-05-27 01:03 | 日記 | Top Page


<< 東京砂漠を感じる      一寸の羽虫 >>