2007年 07月 01日
椿姫
週末は暑くもなく寒くもない、非常に気持ちの良い天気であった。

金曜に気の置けない仲間と朝まで飲んだおかげで仕事が終わらなかったので(楽しかった!)、スタバでakikoの「vida」を聴きながら数時間PCをカタカタ。無条件に快適な気候のうえ、休日にピッタリな音楽を聴いていると、仕事をしているのに何故か心も踊ります。実はそんなリラックスした状態の方が良い案が出てきたりもする。

仕事を終えた後は、髪を切って、仕事用のシャツとネクタイを買いに行く。セレブでありヤング・エグゼクティヴである俺様は、アルマーニやヒューゴ・ボスやゼニアといった二流ブランドは相手にしない。俺様のお気に入りは、2プライス(スーツ1着19,800円 or 29,800円)の「スーツ○○○」だ!量販万歳!

ちなみに○○○には「カンパニー」とか「セレクト21」といった単語が入ります。

そんなBRIOなショッピングの帰り道、ふと恵比寿のパシフィック・ファニチャー・サービスの前を通ったので、フラッと冷やかしてみた。すると意外にも前から欲しかったリーフのシリーズが売っていたので、思い切って購入。シリーズは8種類あって、その8種類のリーフを自分の好きなように組むことができるので結構悩む。担当してくれた売り子のお嬢さんと30分以上考えてしまった。

この売り子のお嬢さん、俺が高校生のときお付き合いしていた女性にそっくりだったので、もしやと思ったのだが、おっぱいの大きさが全然違うので別人だと判断した。…さぁ、女性諸君、俺を軽蔑したまえ。軽蔑もまた人生を逞しく泳ぐための良き試煉である。ゲーテ。

帰宅後、最近購入した椿姫のDVDを観る。アンナ・ネトレプコの艶っぽい椿姫。あんなスリムな人があんな声出すなんて、これからは女性オペラ歌手もうかうか太っていられないね。

ま、俺にはそんなこと関係なくて、ただ至福の時を堪能するのみである。よき椿姫でした。
[PR]

by chinstrappenguin | 2007-07-01 15:27 | 日記 | Top Page


<< 個人消費の底上げに貢献する。      イノベーション >>