2007年 07月 29日
隅田川の花火を見ながらテンションについて思う。
土曜。晴れ。前日の夜は、大学で心理学を専攻し将来は福祉施設を作りたいという希望を持ちながらも現在はモデルの仕事をしています、という謎の人物と飲んだおかげで二日酔い。

本日は、山手線を歩いて一周するとかいう相変わらず意味不明な計画をハラマンが立て、それにナカノとメグちゃんが乗じて実行しているとのこと。なんというか、どこから突っ込んだらいいのかわからない。類は友を呼ぶなんて言葉があるが、俺はそんな面妖な行為は行わない。格言の嘘に気付く2007年。梅雨はまだ明けない。

なんとか午後には二日酔いも回復。午前中に東京駅を発った妖怪3人組は渋谷・原宿あたりを歩いているそうだ(※反時計まわり)。俺はチャリで追いついて、奴ら3人をこれでもかというくらい馬鹿にした後、優雅にHMVにでも寄って帰ろうと画策しつつ家を出る。

ハラマンと連絡をとると、原宿ではなく新宿に来てほしいとのことなので、とりあえず新宿に行き、テンションの高い妖怪3人組と高島屋の麓で合流。詳しく話を聞くと、妖怪達は新宿から山手線でワープし、浅草まで出て隅田川の花火大会に行くようだ…。「なるほど頑張って下さい」と、激励の後に帰宅しようとしたが、どうやら俺も花火大会の要員に入っているらしい。

世の中には「想定の範囲外」という便利な言葉があり、一時期流行語にもなったが、流行から若干のタイムラグを経て、俺のもとにもやってきたようだ。…浅草に行くなんて聞いてないよ!!

まぁでも、ここで帰ったら男がすたる(?)と思い、俺も浅草まで同行することに。とりあえず俺はチャリなので、一人新宿から秋葉原までチャリを飛ばし(!)、秋葉原にチャリを置いた後に上野で合流することにした。こうなりゃとことん付き合ってやるぜちくしょう。

その後、花火大会のために殺人的な混雑を呈している銀座線に乗って浅草に繰り出す。もう自分でも何やってんだかよくわからないが、とりあえずメグちゃんのテンションは高い。

浅草も予想通りあり得ないほどの人手で、花火もほとんど観られない状況であったが、いちおうの雰囲気を楽しみ、再び山手線に戻る。ここまで来たら最後まで付き合おうと、無謀3人組のゴールである東京駅まで付き合った。時は午後10時。ハイテンション3人は12時間かけて一周を達成したのである。ご苦労様です。

丸ビルの麓で達成の乾杯に付き合うと、彼らは山手線一周の余韻に浸るも束の間、今度は富士山の登頂という案が飛び出す。なるほどね、やはり「類は友を呼ぶ」というのは嘘だ。俺の辞書に、富士山登頂という言葉はない。

ま、富士山登頂の際には、俺は五合目までハイテンションsを車で送って、後は河口湖のオーベルジュでゆるりとさせていただこう(と釘を刺しておかないと登頂要員に入れられてしまう)。

結局本日は、白金台〜新宿、新宿〜秋葉原、秋葉原〜白金台という果てしない距離をチャリで爆走し、思わぬところで運動をしてしまった。

本日の教訓。類は友を呼ぶのではなく、ハイテンションな人間は友を類に仕立て上げるのだ。恐るべしハイテンション。

人間の性質を規定する最大の要素は、テンションなのかもしれない。
[PR]

by chinstrappenguin | 2007-07-29 20:56 | 日記 | Top Page


<< 内陸の民として      地方都市およびミサ曲 >>