2007年 08月 26日
ツンデレ蒲田
用事があって蒲田に行く。初蒲田。

蒲田といえば大田区。大田区といえば、世界に誇るものづくり中小企業の集積地帯である。ボロボロで今にも潰れそうな町工場から生み出される技術が、実はその分野での世界シェアの大半を占めており、連日世界中から依頼が来るような中小企業も珍しくない。そんな企業が集まるのがこの大田区である。

仕事柄、そういった企業の社長に会うことも多いが、どの社長もみな個性的で元気である。上場企業でエリート街道を歩んできたスマートな代表取締役とは風貌からして異なり、正に「おっちゃん」風な人が多いが、それがまた妙に格好良い。やはり、自分の会社を持ち、倒産の危機と常に格闘して生きている人は強く、そして味がある。

そんなイカした大田区の一つである蒲田。わくわくしながら降り立ったが、とりあえず臭い。なんか臭う。なぜだ。

聞くところによると蒲田は多数の鉱泉が湧出しているそうで、それが影響しているのだろうか。

原因不明な蒲田臭にゲンナリしながら、アロマスクエアという場所に逃げ込む。庶民くさい街中に突然そびえる綺麗な塔。隣にはアプリコという立派な区民ホールもある。ちなみに蒲田にはその他にも、雑然とした商店街を抜けたところに富士通ソリューションスクエアなる綺麗な建物があり、雑多な街とのあまりのギャップにちょっとギョッとする。街ぐるみのツンデレ。あなどり難い街だぜ。

そんなよく分からない街・蒲田で用事を済ませた帰り道では、アルゲリッチのこれでもかというくらい情熱的なショパンを聴く。ピアノ・ソナタ第2番、第3番、それとアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ。

どれも非常にいい曲だが、「華麗なる大ポロネーズ」なんて恥ずかしいくらい仰々しい邦題を付けたのはどんな輩なのだろうか。蒲田同様、こいつの恥ずかしい思考回路もよくわからない。

世界は謎でいっぱいだと改めて感じながら、帰路に就くのであった。
[PR]

by chinstrappenguin | 2007-08-26 22:55 | 日記 | Top Page


<< 孔雀へのメタモルフォーゼ      寝過ごしてピアソラ >>