2007年 05月 20日
一寸の羽虫
最近、手塚作品が俺の中で大流行中である。今週末も、有隣堂@目黒アトレで『火の鳥』と『ブッダ』を購入した。

ほくほくしながらアトレ1階のスタバのテラス席(というよりただ外に席があるだけ)でカフェアメリカーノとかいう不思議なコンセプトの飲み物(でも好き)を飲んでいたら、4/5程飲み終わったところで小さな羽虫が俺のカフェアメリーノにダイブしてきやがった。虫ケラよ、お前もカフェアメリカーノが好きなのか。

しかし、俺と違って羽虫の場合は、カフェアメリカーノにダイブすることは死と同義である。奴は自分の命と引き換えにカフェアメリカーノを味わったのだ。まぁ、290円のシアトル系コーヒーの中で安らかに眠るがいい。そして来世では溺死しないように気を付けなさい。と、手塚作品に浸かっている俺は輪廻に想いを馳せるのであった。

さて、先週末はYumitsuの誕生日会を催し、味に当たり外れの大きい恵比寿のカフェでひとしきりお祝いをした後(参加者の皆さん、変な店ですいませんでした)、ハラマンの極大太っ腹企画でパークタワーのスイートにみんなで泊まるという豪遊生活を送ることができた。

みんなが寝ている朝5時、早めに爆睡した俺はすっかり目が覚めたので、一人でジェットバスに浸かってサッパリした後、ベートーベンの交響曲第一番を流しながらぼーっと朝の東京を眼下に眺めていた。なんて幸せな時間だろうか! でも時々いびきがうるさい!

そして午前10時頃、女性陣(素敵な方達だった!)が少し早めに帰宅し、その後何故か男3人で浜松町に行き昼食&お茶。Natural BeatというLOHAS系飲食店の出来損ないのようなカフェでお茶をしていると、なんだか俺に対し「発言が適当すぎる」とかわけのわからないことを言われ、また「今日のことをmixi日記に書け」とも言われた。

というわけで、よい機会なのでmixiではなく、ブログを再開することにした。前の記事は読み返したら恥ずかしくて悶絶死しそうだったので思わず消去してしまったけれど。

とりあえずナカノくん、俺は有言実行の男なのだよ。ふふん。
[PR]

# by chinstrappenguin | 2007-05-20 21:10 | 日記 | Top Page
2007年 05月 20日
著者
20代サラリーマン。

調査・研究のお仕事。マイナーな職なのでどんな仕事をしているのか分かってもらえないことが多い。

いっそフリーのカメラマンと詐称して生きようか。なんかカッコいいし。

でも手ブレ補正機能付きのサイバーショットしか持ってないや。

以上。
[PR]

# by chinstrappenguin | 2007-05-20 20:22 | プロフィール | Top Page